Beauty

手軽に使える

白髪染めの歴史について

今では、家庭でも手軽に行うことが出来る白髪染めですが、明治中期頃までは、植物性のタンニンと鉄を配合したタイプの染料が用いられる事が多く、髪を染めるのに10時間程度要する事もあり、家庭で手軽に行うことは出来ませんでした。 明治後期では、ヨーロッパで開発されたヘアカラー剤を元に、日本国内でも白髪染めが商品化され始めた頃です。ちなみに、染める時間は2〜3時間程度にまで短縮されました。 そして、大正期には、さらに短時間で染めることが出来る白髪染めが登場しました。それが、現在における白髪染めの原型ともなっています。 以前は、黒一色だった白髪染めも、様々なカラーが登場しており、好みに応じて選択することが出来るようになっています。

手軽に使用できるタイプが人気

年齢を重ねても、若々しくありたいと考える人が増えてきています。それは、女性だけではなく男性も同様で、男性用の白髪染め製品も多数販売されています。 今までは、白髪染めをすると、しばらくは不自然な髪色となることが多かったり、髪や頭皮に負担を掛けるというものもありました。しかし、近年では、髪や頭皮に優しいタイプも増えてきています。 白髪染めの課題としては、長持ちしないということが挙げられます。製品にもよりますが、2〜3週間程度と言われています。毎日使用することで、短い持続期間でもそれを補うことが出来るシャンプータイプやトリートメントタイプもあります。より手軽に使用することが出来るタイプが増えると考えられます。